涅槃図の修復

涅槃図の修復を行いました。
修復の工程を全てお見せすることはできませんが
作業の様子を簡単にご説明いたします。


IMG_0582.jpg

この涅槃図は大きさが160×130cmほどの大きなものですが、
保存状態がよくなかったようで、折れがかなり見受けられ
破れなどの損傷もありました。




IMG_0595.jpg

修復を行うにあたり、絵具が剥がれないように 「にかわ」の
薄い水溶液を筆で塗り、剥落止めを行います。

※にかわ…動物や魚の骨や皮を煮て取り出したゼラチンで、
       古くから接着剤として用いられています。




IMG_0602.jpg

画面を保護するためレーヨン紙を貼っていきます。
もちろん後で剝がせるように、接着力が極めて弱い「布海苔」を使用します。

※布海苔(ふのり)…海藻から抽出する接着剤。




IMG_0605.jpg

裏面に貼ってある裏打ちの紙を取り除いていきます。




IMG_0607.jpg

さらに下の裏打ち紙を取り除きます。




IMG_0612.jpg

さらに下の、本紙に直接貼ってある裏打紙を慎重に取り除いていきます。




IMG_0615.jpg

裏打ちを施すため、楮紙に糊を付けていきます。




IMG_0616.jpg

糊を付け終えた楮紙を本紙の裏面に乗せ、刷毛で撫でるようにして接着させます。
裏打ちを終えたら乾かします。




IMG_0618.jpg

「美栖紙」で2回目の裏打ちを施します。

※美栖紙(みすがみ)…紙料に胡粉を混ぜて漉いた表具専用の楮紙。
               




IMG_0621.jpg

打刷毛(うちばけ)で叩いて接着させていきます。
裏打ちを終えたら乾かします。




IMG_0626.jpg

本紙と裂を継ぎ合わせて掛軸の形にします。
美栖紙で3回目の裏打ちを施し、乾かします。




IMG_0630.jpg

「宇陀紙」で4回目の裏打ちを施します。
裏打ちを終えたら数ヶ月乾燥させます。

※宇陀紙(うだがみ)…白土を混入して漉いた表具専用の楮紙。




IMG_0649.jpg

軸や紐などを取り付けて掛軸に仕立て、完成させます。

スポンサーサイト

中村桂花堂ホームページは こちら


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。